「ほんもの」へのこだわり・「また来たい」の理由

神さまが住まう宮島を観光するなら、やはり凛とした品格を大切にしたいもの
平安装束やお着物へのこだわり、上質の理由をご紹介します

宮島の中心地「表参道」で

世界文化遺産 嚴島神社の門前町である表参道。

宮島を代表する名所の数々が全て徒歩圏内の好立地に、体験所は位置します。

道に面した階段を上ると、町の賑わいを離れた空間が。和モダンなインテリアが迎える、趣きある佇まいの室内です。

格調高い姫君の典雅を 平安壺装束体験

平安文化が花開いた古都、京都の老舗装束店さんで厳選した生地でお仕立てしています。

神社の祭礼などに着装される装束を分けていただいているので、その文様は本格的なもの。
平安時代から現在まで、御所を中心に受け継がれてきた「有職文様」という伝統的な柄行の装束です。

「掛け守」や「掛け帯」、「市女笠」等の付属する小物も時代考証に基づき、典雅な姿を再現。現代の宮島によみがえった、華やかな姫君の装いを体験できます。

また、日本のおしゃれは季節感を大切にしますので、5月末頃~9月は「絽」という薄物の生地の装束に衣替えします。こちらは有職文様とは趣きの異なる、清楚で涼やかな柄行が特徴の夏の装束です。

繊細な日本美を装う お着物レンタル

着物や帯は、1点ずつ厳選した紅葉の賀こだわりのものばかり。バッグや髪飾りまで、納得いくまで時間を掛けて選んだものを揃えています。

世界遺産の宮島には、毎日多くの外国人が訪れます。宮島の町を着物姿で歩いている皆さまを見かけると、きっと日本らしい風情を感じて喜ばれる事でしょう。海外の方にとっては、着物をレンタルして散策している皆さま観光客の方も、おひとりおひとりが日本文化の発信大使となり得るのです。

そのような中、昨今は観光地のレンタル着物の色柄、質が随分と多様化してきたと感じます。日本の文化として世界に認識されるに恥ずかしくない、着物本来の美しさ、洗練されたデザインのおしゃれを楽しんでもらう事を、紅葉の賀は何より大切にしています。

京都や浅草などの大型観光地にある大きな施設さんのように何百も何千も数はありませんが、心からのお気に入りを揃えてお迎えいたしますね。

長年婚礼の着付けに携わってきたベテランの着付け師が在籍。

花嫁さんも手掛ける、着物のプロフェッショナルがお着せします。

着物姿本来の美しさを大切にした、凛として清楚なお着付け。

宮島で唯一の着物専門施設として、観光はもちろん、挙式ご出席やお宮参り、十三参りなどのご慶事の折にも安心して任せていただける技術を持っています。

和を遊ぶ 和を学ぶ 伝統遊び・お稽古体験

紅葉の賀では、日本文化に広く親しんでいただく為の様々な取り組みを行っています。

別途のご相談にて、投扇興等の伝統遊び体験、そして水墨画や郷土玩具絵付け、香道といった和のお稽古を体験できるプログラムも用意。

体験内容によっては、宮島の総本坊「大聖院」の歴史ある空間で行う事も可能です。プログラム内容等はご相談によって都度作成・ご提案します。


地域らしさを発信・演出 MICE 関連イベント・セレモニーなど

国際会議開催・大型クルーズ客船寄港・観光関連レセプション・セレモニー時など、国や県、市などの機関と連携し、日本や広島らしさを演出するお手伝いをさせていただいています。

平安装束や着物、和文化を通して地域の歴史文化を発信し、印象深く心に残る思い出をお届けする事、そして広島の持つ魅力と伝統文化の奥深さを広く伝えていく事に少しでも貢献できるよう、取り組んで参ります。

施設概要

施設名 平安衣裳・着物よそおい体験所 みやじま紅葉の賀
住所 〒739-0559 広島県廿日市市宮島町593-2階 表参道
TEL ご予約:090-5371-7218・事業者様:090-4650-1795
時間 予約制(受付時間はプランにより異なる)
休所日 木曜日および不定休 

ページの先頭へ